2012年03月14日

ROSE歌詞紹介

谷本仰さんの訳による歌詞を紹介いたします。

***********

「THE ROSE」


愛は川なのか 名もない草を呑みこみ

愛は刃なのか 魂を切り裂き

愛は飢えなのか 果てしなき痛みか

きっと愛は花 君はその種



壊れるのが怖くて 踊れぬ心

覚めるのが怖くて 旅立てぬ夢

失うのが怖くて 与えられぬ人よ

死ぬのが怖くて 生きられぬ魂



夜は孤独すぎて 道は遠すぎる

愛は運がよくて 強い奴らだけのものか

知っていよう 冬のさなか 重い雪の下で

種は待っている 陽に照らされバラと咲く 春を
posted by わたあお at 22:59| Comment(0) | CD内容について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。